メニュー

小麦粉と米粉でもちもちの餡を包んだ、江戸時代の伝統和菓子

きんつばとはのイメージ写真

きんつばとは

昨今なかなか珍しく、若い方にご来店いただいくと「きんつばってなんですか?」と質問いただくことも多くなってきました。
古くは江戸時代の関西で発祥した歴史あるお菓子で、一般的には寒天で固めたあんこを小麦粉や米粉で包み焼き上げたものです。
きんつばを漢字に直すと金鍔、生まれた当時は銀鍔という名前で刀の鍔のような丸い形をしていたことから命名され、江戸時代後期銀より金のほうが縁起がいいとされ金鍔というお菓子が生まれました。

鎌倉いとこのきんつばのこだわりのイメージ写真

鎌倉いとこのきんつばのこだわり

当店のきんつばは江戸時代の製法より現代風にアレンジを加えてます。シンプルに寒天であんこを固める製法ではなくスチーマーで蒸しあげることによりあんこが日本人好みにモチモチと。衣も小麦粉、2種の米粉をブレンドしてさらに食感を重厚に仕上げておりますので他店のきんつばとはまた違った美味しさのきんつばです。鎌倉に足をお運びいただいた際にはぜひお一つからお土産にお試しください。

商品のご案内

きんつば抹茶セット
おしるこぷりん(カスタード、ほうじ茶、天竜抹茶)
かぼちゃきんつば
小倉きんつば
安納芋きんつば
きんつば抹茶セット
おしるこぷりん(カスタード、ほうじ茶、天竜抹茶)
かぼちゃきんつば
小倉きんつば
安納芋きんつば

お知らせ